介護タクシーをはじめるには…

「介護タクシーをはじめよう!」 …と思ったら、何を準備すればよいのでしょう?

 

まず、営業所をどの地域におきますか?

 

 ・経費を最小限にするため、自分の持ち家を利用しよう

 ・お年寄りの多い地域を選ぼう

 ・高齢者は少なくても、富裕層をターゲットにして、高級住宅地を選ぼう

    :

選択肢はいろいろ考えられますね。

開業したあと、営業所を移転しなければならなくなったら、お金も時間もムダに使うことになります。

明確なビジョンをもって、事業計画を立てる必要があります。

 

営業所の候補地が決まれば、次は車庫の場所。

併設の駐車場が無い場合は、営業所から直径2q以内の場所を探します。

このとき、同時に営業用の車の検討もはじめましょう。

車を選ぶときのポイントはコチラ

使用する車によって、必要な車庫の大きさがことなります。

 

運転手の休憩用の施設は、営業所併設でも、車庫と併設でも、どちらでもかまいません。

 

介護タクシーをはじめるには、道路運送法第4条の「一般乗用旅客自動車 運送事業(福祉限定)」の許可を取る必要があります。

この許可をとるためには、営業所・車庫・休憩施設についても、細かい要件がたくさんあります。

事前にきちんと確認してから、契約しなければいけませんね。

 

その他

 ・最低、何人の人手が必要なの?

 ・営業所には、何を備えればいいの?

これらは、介護保険を使えるようにするか、しないかで異なります。

 

ひと言で「介護タクシー」と言っても、介護保険を使えるものと、使えないものがあるのです。

これも、事前にきちんと理解したうえで、手続きを進めましょう。

▲このページのトップに戻る