患者等搬送事業とは

「患者等搬送事業」とは、

高齢社会の進展と国民の医療に対するニーズの変化に伴って誕生した、民間における在宅ケア患者等に対する搬送サービスです。

寝たきり老人、身体障害者、傷病者などを対象に、医療機関への入退院・通院・転院、社会福祉施設への送迎に際し、ベッド等を備えた専用車を用いて搬送します。

 

輸送対象者は、緊急性のない患者に限定されているのですが、病人やケガ人であり、搬送中における容体の急変も考えられます。そのため、搬送には、正しい応急手当や搬送法についての講習を修了した乗務員が乗車し、応急手当てを行うために必要な資器材を積載しています。

 

「救急車を呼ぶほどでもないけど、ストレッチャーや車いすに乗ったままの状態で病院等へ行きたい」などという場合に、利用者が安心・安全に利用できるようにするため、消防署が一定要件を満たした民間事業者を認定しています。

 

地域別の認定事業者数は コチラ

 

まだまだ、介護業界でも認知度が低いこの認定制度。

サービス内容や料金等は事業者によって異なります。

利用者への安心提供はもちろん、他社との差別化をはかるうえでも、ぜひご検討ください。

 

認定された事業者は、各市町村や消防本部などのホームページで紹介されることが多く、利用者からの信頼度UP! 問い合わせも増えると見込まれます。

※各市町村により対応が異なります。売上UPを保証するものではありませんのでご注意ください。

 

 

【参考資料】 平成元年10月4日 消防救第116号 患者等搬送事業指導基準等の作成について

患者等搬送用自動車を用いず、例えば一般のタクシーを用いて同種の業を行う事業形態も増加しつつあるが、このような事業に対しても、実情に応じて、指導基準に準じて指導することが適当である 

 

▲このページのトップに戻る