駐車禁止除外指定をとるには

駐車禁止除外指定車標章(事業所用)の交付申請手続き

 

介護タクシーの事業用自動車や、自家用自動車有償運送許可を取得したヘルパーさんの車は、公安委員会の指定を受けて「駐車禁止除外指定車標章」を取得することができます。

  

この標章を車に掲出すれば、駐車禁止規制の対象から除外されます。

ただし、標章があっても、停めてはいけない場所があります。
 

 

証紙代など手数料はかかりません。

駐禁見回り(いわゆる緑虫)が増えている中、介護タクシー事業者にとって、必携の標章ですね。

 

下記は、大阪府の事例です。

管轄の役所により、対応が異なりますので、ご自身で手続される場合は、必ず事前に担当部署にご確認ください。

 

必要書類

・駐車禁止除外指定車標章交付申請書 (事業所用)
・自動車保管場所の見取図・誓約書
・除外理由を疎明する書類 (福祉輸送事業の許可書などで営業区域の記載があるもの)
・主たる運転者の運転免許証の写し (裏/表)
・自動車検査証の写し
・自動車の保管状況を確認できる資料
  車庫証明申請の写し ※福祉輸送車両(緑ナンバー)は不要
  車庫が賃貸の場合は契約書の写しと領収書か通帳の写し
  車庫に停めた状態の車の写真
   @ナンバープレートが写ったもの
   A車いす自動車であることがわかるようにステップを出して後ろから撮影したもの

 

その他審査に必要な資料の提出を求められることがあります。

 

 

ご自身で申請する場合 

申請書、見取図・誓約書は大阪府警察のホームページからダウンロードできます。

最寄の警察署交通課又は大阪府警察本部交通部駐車対策課でお尋ねください。
 

 電話番号: 06−6943−1234
 受付期間: 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)
 受付時間: 午前9時から午後5時45分まで
 交付までの期間: 申請から5日ほど(行政庁の休日を除く)
 受付場所: 大阪府警察本部交通部駐車対策課
          大阪市中央区大手前3-1-11
    最寄駅 大阪市営地下鉄谷町線/中央線 谷町四丁目駅

 

有効期間は、3年です。

更新手続きは、期限の1ヵ月前から受け付けています。

 

専門家に依頼する場合

忙しくて手続きをする時間がない!煩わしい!!

そんな方は、行政書士に手続きを依頼しましょう。

あなたに代わって、書類作成から提出、次回の更新のご案内まで、

親切丁寧にサポート致します。

 

  報酬 30,000円 (税抜)

 

※上記は1台あたりのご請求額です。

  2台目以降、1台あたり1万円の追加料金を頂戴いたします。

※他の手続きとセットでご依頼いただく場合は、お得なセット割引がございます。

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る