介護保険タクシーの開業サポート

介護保険タクシーの開業を目指すかたへ

 

介護保険を使える介護タクシーを開業したいけど、何から始めればよいのかわからない…

当事務所には、そんなお声が多数寄せられます。

介護保険タクシーは、はっきり言って、わかりづらい!!

なぜなら、介護保険を使える介護タクシーを始めるには、大きく下記の二つの制度を理解する必要があるからです。

 

@一般乗用旅客自動車運送事業【福祉限定】(介護タクシー事業)

A介護保険サービスの訪問介護事業 もしくは 障害福祉サービスの居宅介護事業

 

介護もタクシーもやったことがない、異業種から参入される方にとっては、この複雑に絡み合った2つの制度を1から勉強しなくてはならないため、とても大変だと思います。

 

「専門家に頼もう」と近所の行政書士事務所に電話をかけても、なかなかこの2つの制度を理解して申請経験のある行政書士は見つかりづらいようです。

その証拠に、当事務所には、「近くの行政書士を探したけれど、ダメだった…」と、かなり遠方の他府県からも相談が寄せられております。

 

皆様は、人生をかけた開業の手続きを、初心者同然の行政書士に頼みますか?

 

経験豊富な行政書士と経験の浅い行政書士とでは、処理スピードはもちろん、得られる情報量も格段に異なります。

専門家に頼むからこそ得られる情報もある、ということです。

 

IMG_1607.JPG

この写真は、介護保険タクシーの申請をご依頼いただいた方の書類量の一例です。

(訪問介護の指定要件を満たせば同時に申請できる、総合事業、居宅介護、移動支援もご依頼いただいた場合の分量です)

 

 

複雑な手続きだからこそ、介護保険タクシーの開業サポートは、ぜひ当事務所へお任せください!!

 

サポート料金を見る

 

無料相談実施中!

介護保険タクシー開業の流れ

介護保険タクシーを開業するためには、@介護タクシー(一般乗用旅客自動車運送事業)の許可、A訪問介護事業(または障害福祉サービスの居宅介護事業)の指定申請が必要です。

早く開業するためには、これらの手続きを同時並行で進めていきます。

 

介護タクシーの許可
 
訪問介護・居宅介護の指定

管轄の運輸支局へ許可申請

法令試験

審査

許可

介護タクシー営業開始

管轄の運輸支局に

運輸開始届を提出

(必要な人のみ)

自家用自動車有償運送許可

申請

 

都道府県(または市町村)へ指定申請書類提出

審査

指定時研修、指定書交付

訪問介護・居宅介護

事業開始

通院等乗降介助算定手続き

介護タクシー許可書を提出

介護保険タクシーの営業開始

 

 

訪問介護の指定要件について

詳しくはこちら

 

詳しくはこちら

 

このフローは、一般的な流れをご紹介しており、管轄の運輸局、自治体により異なる場合があります。

ご自身で申請する場合は、必ず事前に申請先にご確認ください。

▲このページのトップに戻る