介護タクシーと介護保険

 

「介護タクシー」は、介護保険と連動したものと、連動していないものに分けることができます。

どちらも、利用者に「運賃+介助料金」を請求することができるのですが…

このふたつには、どのような違いがあるのでしょう?

 

介護保険と連動したもの:

ケアプランに記載がある場合、介助料金に介護保険が使える。

運賃は、通常の介護タクシーの運賃より安く柔軟な設定ができる。

(ケアプランに基づく輸送以外は介護保険は使えません!運賃も通常のタクシー運賃です)

 

 

介護保険と連動していないもの:

全額利用者の負担となる。

介助料金を請求するかしないかは、事業者が自由に設定できる。

 

これを見ると、介護保険と連動した介護タクシーの方が、安く乗車することができるので、利用者にとって良さそうですね。

 

でも、事業者にとっては、デメリットがあります。

事業者は、「訪問介護」か障害福祉サービスの「居宅介護」の指定を受けなければなりません。

そのためには、基準要件をみたす必要があるのです。

訪問介護の指定要件はコチラをクリック

 

大阪府の場合、申請には予約が必要で、受付期間も限られています。

ご自身で手続される場合には、補正を繰り返し、何度も役所に足を運ぶケースが多いようです。

また、指定には有効期間があり、6年ごとに更新手続きが必要です。

 

介護保険適用か、適用外か…

ご自身に適しているのはどちらか??

弊事務所では、初回のご相談時に無料でアドバイスをさせていただいております。

 

介護保険タクシーの開業サポートはこちら

▲このページのトップに戻る